ようこそ「天女花フォトギャラリー」へ  このブログはふるさと弘前の四季と東北の温泉を紹介してまいります

ヘルスケア

12月11日に圧迫骨折してから1ヶ月。

まだ重いものを持ったり、中腰での作業は出来ませんが

日常の生活はなんとかできるようになりました。

血液検査も特に異常なし。

整形外科の先生と相談の結果、骨粗鬆症のお薬を月1回

服用することになりました。

f:id:tennyobana:20220116103415j:plain

服用する日を決めて毎月必ずその日に飲むこと。

起きたらすぐ飲み、その後30分は横にならず、飲食も

ダメ。

朝いちばんでコーヒーが飲めないのはちょっと辛い!

毎朝では我慢できないけど、月1ですから辛抱します。

歯に異常があったらすぐ知らせて下さいと医師。

歯から出血した時は血が止まらないらしい。

薬はなにかしら身体にリスクを伴いますね。

 

f:id:tennyobana:20220107092208j:plain

骨粗鬆症改善のためほとんど飲まなかった牛乳を最近は

週2000ml飲んでいます。

シシャモやシラスなども食べるようになりました。

ヘチマのような骨が改善されたことを、病院の待合室で

患者さんからお聞きしましたので希望を持ってわが身の

メンテナンスしていきたいと思います。

 

 

 

夜の訪問者

f:id:tennyobana:20111019091345j:plain

2011年10月写真仲間と秋田県の太平湖・小又狭を

訪れたことがありました。

大きな建物の中で昼食をした時にことです。

 

f:id:tennyobana:20111019090730j:plain

ふと窓辺を見上げると黒い虫がいっぱい!

初めてカメムシであることを知りました。

そして臭いと教えられました。

 

f:id:tennyobana:20111019085256j:plain

それから暫くして青森県の温川山荘に一泊したことがありました。

温川に架かった吊り橋を渡り森の中の源泉かけ流し一軒宿。

 

せせらぎの音を聞きながら大自然の中でゆったりと浸かることが

出来る露天風呂もいくつかあり素晴らしい景色です。

 

f:id:tennyobana:20220113080138j:plain

そのお宿のお部屋のテレビの上になぜかガムテープが。

不思議に思っていましたら、もしもお部屋にカメムシ

訪問したらそのガムテープで退治して欲しいとのことでした。

建物もかなり古くこれでは仕方ないかなと。

案の定、数匹訪問者が現れました。

 

f:id:tennyobana:20220113080821j:plain

そして先日の小さなお宿。

廊下にガムテープとカメムシ退治のスプレーが数本置いてありました。

 

f:id:tennyobana:20220113082908j:plain

お宿の周りには大きな木もなく、建物の隅々まで綺麗に磨き上げられて

いるのでまさかカメムシが登場するとは思いもつきませんでした。

が・・・

 

f:id:tennyobana:20220113075651j:plain

やってきました!一匹。

新しく成虫になったカメムシは気温が下がってくると春になるまで

越冬して、温かくなると繁殖活動をし、繁殖活動が終わると寿命を

迎えるそうです。

そのためカメムシの一生は長くて1年半。

そして日本には1300種のカメムシがいて悪臭被害を出すのは

少数派。

そんなカメムシも自分の臭いで死んでしまうこともあるそうな

身を守る術が自分自身にとっても”危険”なニオイとは意外です。

 

 

 

 

 

小さなお宿

f:id:tennyobana:20220110185246j:plain

昨日は(1月11日)雨が降り3月下旬の暖かさ。

今日は一変、北日本は強烈寒波に襲われました。

このような急変するお天気を津軽では雨返し(あまがえし)

と言います。

 

f:id:tennyobana:20220112145916j:plain

津軽平野も一寸先が見えない猛吹雪!ホワイトアウトです。

小さなお宿をおでかけキャンペーン予約したのは丁度1ヶ月前。

 

f:id:tennyobana:20220112150142j:plain

まだオミクロン株コロナ感染者も全国的にも少なく、まさか

こんなにも早くコロナ感染が急増することは予想外でした。

12日青森県で新型コロナ感染者は86人

中でも弘前市クラスターにより何と44名でした。

 

f:id:tennyobana:20220112150855j:plain

お宿に着き、まずは検温、手の消毒、二回のコロナ予防接種証を

提示。

 

f:id:tennyobana:20220113052510j:plain

宿泊客は他に一組いましたが一度も館内でお会いすることもなく

源泉かけ流し温泉も毎度貸し切りです。

何よりもうれしいのが翌日の9時までは深夜でも温泉に入れること。

ほとんどの温泉旅館は夜の11まで。

 

f:id:tennyobana:20220112184220j:plain

f:id:tennyobana:20220112180650j:plain

f:id:tennyobana:20220112181558j:plain

f:id:tennyobana:20220112180639j:plain

f:id:tennyobana:20220113075831j:plain

このお宿のオーナーはお寿司屋さん。

お刺身、お寿司はもちろんですが、その他のお料理も申し分ない

美味しさです。

夕食の最後に出されたお寿司は食べきれず、ラップして冷蔵庫へ。

翌朝4時起床、入浴後に食べたお寿司はこれまた絶品でした。

フードロスにならなくて良かった!!

 

f:id:tennyobana:20220112152604j:plain

       (お宿の窓からの風景)

今回訪問したのは二回目。すべてに満足の小さなお宿でした。

 

f:id:tennyobana:20220114044811j:plain

宿泊料金から5000円サービスがあり、さらに2000円の

クーポン券を頂きました。

(1月7日まで有効とありますが3月13日まで延長されたようです)

 

 

除雪作業

1月11日、今日の天気予報は雨で三月下旬の暖かさ。

外から除雪車の唸る音が聞こえてきました。

時計をみると午前2時50分。

f:id:tennyobana:20220111024927j:plain

明日の大雪警報に備えての除雪なのでしょうか。

市内の道路の除雪をしっかりするようにとの発令が先日弘前市長から出され、

いつもの年より除雪車の出動も多いように思います。

 

f:id:tennyobana:20220111025032j:plain

除雪と同時に排雪もして下されば嬉しいのですが、そこまで予算がなさそうです。

 

新成人

f:id:tennyobana:20140903063716j:plain

     (明日葉の芽)

 

今日は1月10日成人式ですね。

成人式を迎えられた皆さま、おめでとうございます。

弘前は青空で雪景色が眩しいばかりです。

 

f:id:tennyobana:20220110121837j:plain

日本の将来を担う成人式を迎えられた若人に期待しつつ、世界中の

人たちと手を取り合って美しいこの地球という星で悔いのない人生を

謳歌して頂きたく思います。

 

f:id:tennyobana:20140923102916j:plain

第一次ベビーブームの1950年(昭和24年)生まれの人が成人に

達した1970年(昭和45年)の新成人人工は246万人で

男性は124万人、女性は123万人でした。

総人口に占める割合は2.4%

 

f:id:tennyobana:20140923105757j:plain

今年の新成人人口は122万人で男性は63万人、女性は59万人。

前年と比べると3万人の減少です。

今年は0.97% で1%を割り込んでしまいました。

 

f:id:tennyobana:20140923102957j:plain

コロナのために国民に援助された膨大な財政(借金)はそのまま

新成人たちに負わされることを思うと大変気の毒に思います。

 

f:id:tennyobana:20140923104751j:plain

さて自分の誕生日も忘れてしまいそうな高齢になりました。

今日は私の誕生日でした!

喜寿だそうです。

喜という文字を草書で書くと七・十・七になるそうな。

 

f:id:tennyobana:20220110052624p:plain

そこで77歳・・・喜寿

喜寿の色は紫が長寿祝いの色とされているそうです。

最近紫が好きになりなんとなく似合うようにもなりました。

 

花, 黄色の花, フリージア, 黄色のフリージア, 退屈です, 切り花

誕生花はフリージア

花言葉はあどけなさ、純潔、親愛の情

ピンク、白、黄色の中でも黄色のフリージアは香りも姿かたちも

大好きです。花言葉は無邪気だそう。

 

f:id:tennyobana:20140923104817j:plain

私が生まれた1945年1月はまだ太平洋戦争中。

今のように洗濯機があるわけでもなく、おむつは手洗いで

母は大変な思いで赤子を育てたことでしょう。

でも幸いなことに、一軒先が川幅5メートルほどの川が流れて

おり、そこでどの家庭もお洗濯をしている時代でした。

 

f:id:tennyobana:20140909070209j:plain

1月の真冬とはいえ、川面にはゆらゆらと水蒸気が立ち

気温よりも水温の方が暖かく、お洗濯はそれほど難儀では

なかったかも知れません。

おむつを洗ったその川でハマグリに似た貝やシジミ、フナ

などを獲った記憶がよみがえります。

 

f:id:tennyobana:20140909065114j:plain

すでに母は26年前に他界しましたが、自分の誕生日に

母の出産の苦しみ、その後の育児のご苦労など思い図る

余裕もなくこれまで過ごしてきたことを後悔しています。

でも母は最期まで子供たちに「ありがとう」をなんどもなんども。

優しい母でした。

 

f:id:tennyobana:20140909062859j:plain

「あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。

わたしはそうしてきたのだ。

なお、わたしは運ぼう。

わたしは背負って、救い出そう。」   

             イザヤ書46章4節

 

何も思い煩わないですべて主(イエス・キリスト)に任せて

これからの人生楽しみたいと思います。

 

f:id:tennyobana:20220108112118j:plain

長女から喜寿のお祝いにセミダブルベットが届きました。

高さも丁度良く、ベットの下には収納引き出しも沢山あり、

いい夢をいっぱいいっぱいみれそうです。

圧迫骨折から丁度1ヶ月。

お陰様で寝返りも洗顔も普通にできるようになりました。

感謝!!

 

 

 

  

 

 

ラジオ深夜便

f:id:tennyobana:20211218160947j:plain

昨年の12月圧迫骨折でほとんどベットで過ごすことになり

以前から欲しかったラジオをゲット!

まだ夜が明ける前の時間をラジオに耳を傾けています。

 

f:id:tennyobana:20100529095446j:plain

 

今朝の3時台は正月特集として昭和歌謡名曲集part6~

アイドル・ポップス編。

トップは何と言っても山口百恵ちゃん!!

まだまだ初々しい17歳の「ひと夏の経験」でした。

 

f:id:tennyobana:20100529101837j:plain

 

二人目は小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁

この曲は私の十八番!

ダンスホールで2時間みっちり踊った後、ホールがカラオケルーム

に変わり、時々この瀬戸の花嫁を歌っていましたっけ。

 

f:id:tennyobana:20100529095240j:plain

次は天地真理さんの「恋する夏の日」

透き通った明るい高いお声にファンにもなりました。

それから郷ひろみさんの男の子女の子、西城秀樹さんの

傷だらけのローラ、ピンクレデイ―のUFなどなど。

 

f:id:tennyobana:20100529101829j:plain

タイムスリップしたような昭和一色の時間です。

4時台は【明日へのことば】の中で伊集院静さんの

”人生は回り道こそたのしい”お話をして下さいました。

漱石の生身の姿を生き生きと描いた長編小説「ミチクサ先生」

のご紹介もあり早速読んでみることにしました。

 

今日は1月7日、七草がゆですね。

二女の誕生日でもあります。

おめでとう!!

f:id:tennyobana:20201128150217j:plain

 

今日の誕生花は「はこべ」花言葉は「追想

f:id:tennyobana:20220107064005p:plain

カナリヤの 餌に束ねたる はこべかな 

                正岡子規 

 

その昔、我が家でも美しい声のカナリヤを飼っていました。

家族が食事に使ったお箸をまとめて洗う音につられて良く

鳴いてくれました。

そして子規と同様に家の周りのはこべを摘んでカナリヤに

食べさせていました。

今日は二女のアルバムを開いて想い出に浸りたいと思います。

コロナ禍でなかなか帰省できずいましたが、半月後には

帰省が叶いますように!

 

 

 

 

 

纏ふり

一月三日

f:id:tennyobana:20220102115253j:plain

正月恒例の大清水消防団による纏ふりがサンデーの店頭で

行われていました。

邪気を払い、ご来客さまに災いが無いよう願いを込めた纏ふりは

弘前市内の各地区の消防団員が商店や施設を廻り祈願します。

以前婿殿も毎年纏を振っていましたが、いまでは若手にバトンタッチ。

防寒靴ではなく昔ながらの地下足袋ですからさぞや寒かろうと

そのご苦労に頭が下がります。

 

f:id:tennyobana:20220105095532j:plain

さて、全国一位のリンゴ生産地であり、友人から30個ほどフジを

毎年暮れには頂くのですが、あまりリンゴは好きでない。

何故かというとパリパリと固く”歯がうく”のです。

リンゴを一日一個食べると医者いらずと言われるのに、青森県

なぜか短命県。

15年前から高血圧の薬を飲み続け、先日の整形外科での採血で

腎臓に異常ありとのこと。

内科で再度採血を。その結果異常なし。

 

f:id:tennyobana:20220104162652j:plain

(いつも入口に素敵なお花が生けてある内科)

ちょっと安心はしたのですが、これではいけないと食生活を

見直し、リンゴを食べる一大決心をしました。

そのままではちょっと無理なのでジュースにして飲むことに。

そこでサンデーに行き、手頃のジューサーを買い求めました。

軽くて簡単一人用がこちら。

 

f:id:tennyobana:20220105051458j:plain

毎朝18種類の雑穀米と8種類の野菜・海藻を牛乳でスムージー

にして飲み始めました。

 

f:id:tennyobana:20220105052617j:plain

コロナのため、学校給食などの生乳の消費量が激少。

生乳が過剰生産で捨てなければならないという事態になりました。

生産者の少しでも手助けになればと思い、頑張って牛乳飲みます。

あとは適度の運動ですね。

今年の目標は身体の機能を正常値に戻すこと!

頑張ります。