ようこそ「天女花フォトギャラリー」へ  このブログはふるさと弘前の四季と東北の温泉を紹介してまいります

RCサクセション

5月6日いつものように零時、ラジオ深夜便のスイッチを押す。

今晩のアンカーはベテラン渡邉あゆみアナウンサー。

2時台はロマンチックコンサートでジャパニーズ・ロックの忌野清志郎作品集。

待ってました!!眠気が一気に吹っ飛びました。

2009年、忌野清志郎さんの通夜、ひょんなことでRCサクセションを知り、

2015年、〔SONGS・忌野清志郎〕のコンサートをテレビで拝聴。

すっかり感動させられファンになりました。

 

70年~80年のコンサートでのオープニングナンバーは必ず「ようこそ」。

今晩も第一曲目は「ようこそ」♪ ♪ ♪ 清志郎さんの熱い💛がビンビンと。

二曲目は清志郎さんのやさしい眼差しや思いやりが伝わってくる

「僕の好きな先生」この先生は担任の美術の先生。

1970年18歳の高校生の時、RCサクセションでデビュー、まだ可愛い

少年でしたね。

トランジスターラジオ、雨上がりの夜空に、いけないリュージューマジック
プライベート・ディ・ドリームビリバー、パパの歌、スローバラード、

ドカドカうるさいR&Rバンドなど。

約1時間たっぷりと忌野清志郎の世界に浸ることができました。

 

1970年にRCサクセションのフロントマンとしてデビューを果たし

数多くの名曲を生み出してきた忌野清志郎

独特な歌声と奇抜なファッションは、一度見たら忘れられないほどの

存在感を放っています。

デビューから長い間とどまることなく音楽活動を続けてきた忌野清志郎ですが、

2009年5月2日、58歳の若さでこの世を去ってしまいました。

しかし、亡くなったあとも忌野清志郎の生み出した名曲たちは今もなお

多くの人々を魅了し続けています。